相続でもめないために

相続でもめやすいケース

遺産を受け取る側によくあるケース

  • 「兄弟が分割に応じない」
  • 「遺言がない」
  • 「特定の子どもにだけ相続させるという遺言が出てきた」
  • 「介護をしたのに遺産の取り分が少ない」
  • 「借金がたくさんあった」
  • 「兄弟が遺産を隠しているようだ」

遺言書による遺産分割で故人の遺志を大切に

遺言書の内容に従って、遺産を相続するやり方です。
家業は長男が継ぎ、預金は次男が継ぐ、という具合に書き残されていたら、その遺言に従って相続します。

財産を残す側がよく心配されること

  • 「子ども同士の仲が悪い」
  • 「どうやって分配すれば一番トラブルが少ないか」
  • 「特定の子どもにだけ多く残したい」
  • 「子どもの中に身体障害者がおり、多く残したい」
  • 「借金は残したくない」
  • 「相続税が心配」
  • 「放蕩息子に財産を残したくない」

財産を残す人にお勧めは「遺言書」の作成、そして「生前贈与」

誰にどれだけ相続させるか、また相続人でない人に対しても遺産を贈与(遺贈といいます)することができます。

弁護士に依頼するメリット

遺産分割が法的に適切に行われているかをチェックします

特定の人だけが過度に得をしたり、あるいは損をしたりすることがないようにチェックし、万一適切でないと判断された場合、修正を提言します。というのも一定の範囲の相続人は遺留分の請求ができますので、そのことを前提に遺言を作成することも後で揉めないために必要です。

弁護士ができるもめないための相続対策

遺言書の作成をお勧めしています

特に法定相続割合以外の相続を考えている方、遺言書は必至です。
自分の死後、身内同士が争うことを望む人は誰もいません。余分な争いを避けるためにも、相続について遺言を残しましょう。特に、会社経営はこの子どもに、不動産はこの子どもに、という具合に財産と相続人を指定するような場合は、遺言書があると、その内容が優先されて相続されます。また遺言書で遺言執行者を弁護士に指定しておくことで、分割の手続がスムーズに進むこともあります。

遺言書には「遺訓」を残すこともできます

遺言書には、どの財産をどの子どもに、という分割についての指示だけでなく、その分割をしようと考えた理由、あるいは相続全体についての被相続人の思いを書き残すことができます。遺訓があると、ただ「不公平だ」「納得できない」と言っていた相続人同士も感情が治まり、その後の手続きがスムーズに進むことが多いものです。ぜひ思いを家族に残してください。

本当に遺したいのは財産ではなく「家族への思い」

遺言書に記された、遺産分割の割合という事務的な事項よりも、被相続人が、自分の死後、家族にどうあってほしいと思っているのかを読み取れるのも遺言書です。

遺言の種類とそれぞれの特徴

一番手軽な「自筆証書遺言」なら今日にでも作成できます

財産をどのように相続してほしいかを明確に文章化し、日付を記入、自筆の署名・捺印、もしできれば後封をして保管しておきます。万一書き直す場合は、その都度日付を記入、署名・捺印をします(日付の新しいものが有効とされます)。相続が発生し、遺言書の存在が明らかになった時点で、裁判所での「検認」が必要です。
「自筆証書遺言」なら費用もかからず、証人も不要、書き直しも簡単です。

「公正証書遺言」なら、公証人が作成するので、内容に不備がない

公証役場に出向いて、公証人に遺言書を作成してもらうこともできます。証人が2人必要となるほか、公証役場手数料が別途必要になります。「公正証書遺言」は公証役場に保管されるので、変造されることもなく検認も不要。

「自筆署名遺言」も「公正証書遺言」にも「遺訓」をぜひ!

被相続人が遺すのは財産だけではありません。残される家族への思いをぜひ文字にして残してください。